2022年08月23日

ばあちゃん、どうか元気で

別れは突然やってきました。

祖母が特養に入ります。
今日は祖母と会える最後の日でした。


実家へ行き、顔を合わせた最初はわたしのことがわからず「誰?」「わからん」と言っていたけれど、一緒に過ごしていくうちにいろいろ思い出してくれました。

「むーちゃん」
「孫ちゃん」
「あんた豊田?」

時間はかかったけれど、ちゃんと思い出してくれて嬉しかった。


今日はどんな心持ちで祖母と会えばいいのだろう、と決められなくて、そのまま会いに行ったらやっぱり泣けてきてしまいました。

祖母はわたしのことがわかるようなわからないような、わかる瞬間もあればわからない瞬間もあるといった不安定な記憶のなかでも、わたしとハグしながらお互いに泣けてしまった…。


祖母は自分が特養に入ることを多分わかっていないけれど、きっと虫の知らせみたいなものは感じたのだと思います。

「ばあちゃんのことをずっと覚えていてね」
「むーちゃん、がんばりやよ」
「お父さん(旦那さん)を大事にせなあかんよ」
「ここおいで、添い寝しよう」
「元気でおってな」
「ずっとそばにおってー 行かせたくねー」

普段は言わないような言葉を、今日はわたしにたくさんかけてくれました。


もしもコロナが落ち着いて、自由に面会ができる日がくれば、もしかしたらまた会えるかもしれない。
でもこのままなら会えないかもしれない。

それがすごく辛いです。
でもまた会える日がくるのを待っていたいです。


ばあちゃん、どうか元気で

前にもこの写真を使ったけれど…

ばあちゃんとわたし。
わたしが生まれてから、ずっとわたしのことを可愛がってくれたばあちゃん。

小さい頃は、平日以外はいつもばあちゃんの家に泊まりに行って、一緒にお風呂入って 一緒の布団で寝て、

年越しはいつもばあちゃんとふたりで近所の神社へお参りして、

じいちゃんの調子が悪くなったときは、わたしが仕事を辞めて一緒に住んで、ばあちゃんとふたりで介護をして、

わたしの子どもが生まれたら、ばあちゃんがおむつを替えてくれたり沐浴を手伝ってくれて、

ドライブにいっぱい行って、

毎年桜を一緒に見て、


いつもいつもわたしと笑ってくれて、本当に幸せでした。

こんなに大好きなのに、最後まで守ってあげられなくてごめん。
向こうに行ってもしっかり食べて、仲間と一緒におしゃべりして、どうか元気でいてください。


離れていても、ずっとずっと大好き。


同じカテゴリー(つぶやき)の記事画像
豊田市内、ここはどこ?
認知症介護の難しさ
モチベーションが上がらないときは
山場を越えました
暇すぎて自分でパンを焼けるようになる
2020年はこんな年でした 皆様よいお年を!
同じカテゴリー(つぶやき)の記事
 豊田市内、ここはどこ? (2022-09-27 22:04)
 認知症介護の難しさ (2022-05-28 23:27)
 モチベーションが上がらないときは (2022-04-24 14:53)
 山場を越えました (2022-04-15 22:03)
 暇すぎて自分でパンを焼けるようになる (2021-11-12 21:57)
 2020年はこんな年でした 皆様よいお年を! (2020-12-31 10:30)

この記事へのコメント
むーさん,おはようございます
むーさんの記事で,おばあちゃんの記事をよく書かれてるので,おばあちゃん子なんだなぁと思っていました。
私は随分前に祖父母亡くしていますが,やっぱり小学校中学校の時は,土日に泊まりに行くの楽しみでした。修学旅行のお土産を持って行くのも,嬉しかったです。
おばあちゃん,大好きでした
うちも母が介護をしてて,途中入院しましたが,やっぱり,何度も家を出て警察のお世話になったり、とにかく大変でした。
むーさんのお母様も2人で住んでおられて,今まで本当にご苦労されてると思います。お母様の生活もありますし!
コロナ禍のせいで,施設にも会いに行けないし,色々悩まれて,苦渋の選択だったと思います。
90過ぎまで,施設に入らずにご家族と暮らされて,ちょこちょこむーさんも会いに行かれてたし,おばあちゃん,今までめちゃ幸せだったはずです。
施設でも,皆さんと仲良く楽しく過ごせますように!
他人の私が,なんか,偉そうにすみません!
上手く言えませんが,ほんと,おばあちゃんは,感謝でいっぱいなはずです。

いよいよ学校始まりましたね。。
来週から,お弁当いりますわ。
中学校高校。。
辛いです
Posted by セキセイインコ at 2022年08月27日 10:35
セキセイインコさん

おはようございます。
お返事遅くなってすみません(>_<)

セキセイインコさんもおじいちゃん・おばあちゃん子だったんですね。

今回、急に祖母の入居が決まりましたが、その少し前からここには書いていないいろいろな出来事があり、私としてはとても複雑な思いですが、こうなったのは必然で母は限界だったのだろうと私も思います。

祖母は前回のショートステイ先でも、新しい入居先でも落ち着かないようで、ご飯も水分も全然口にしないようです。
私が1番心配しているのはそこで、家と同じようなケアは全体ムリなので、早く弱ってしまうのではないかと心配しています。

多分施設と同じご飯を家で出しても、絶対食べないと思うので…(-_-;)
母が食べられそうなおやつを持っていったようですが、せめて何かをしっかり取ってくれたらと祈るしかないです。

セキセイインコさん、励ましてくださりありがとうございます。
お弁当作り、本当に大変ですよね。
私は苦手なので、毎日作っている方を尊敬します。
Posted by むーむー at 2022年08月28日 10:47
コメントは承認制です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。