2019年09月26日

【豊田市カフェ】古民家カフェ『日カゲ茶屋』の軽食&デザート


わたしのブログに度々書かせていただいてますが、
夏にまた日カゲ茶屋に子供と行ってきました。

2カ月以上も前の話なので、
メニューがまた変わっているかな?と思いますが、
わたしの夏の思い出 & 来年への覚書として
ブログに記録したいと思います


豊田市下佐切町の日カゲ茶屋に行きました


お久しぶりに伺いました
豊田市の山の中にある、日カゲ茶屋さん。

場所は、豊田市駅からだと車で25分くらいだと思います。
鞍ヶ池公園を通り越して、山カフェより10分くらい行ったもっと山奥です。

入口すぐには、アメリカのジッタリージョーコーヒー日本1号店の、
WORK BENCH Coffee Roastersがあります。

日カゲ茶屋はその奥の古民家の中です。


今年の夏はビックリするくらい、
かき氷の種類が豊富でした!

今まだかき氷があるかは不明ですが、
来年もまた楽しめるといいな♪





自然豊かな場所にある、
築150年の古民家。

静かでのどかな雰囲気で、とても癒されます


古民家をリノベーションしてできた日カゲ茶屋


日カゲ茶屋は、古民家をリノベーションしてその一部をカフェとして営業されています。

古民家の部屋は
趣があり味のある空間となっています。



肌寒くなると、
囲炉裏が姿を現します。



縁側でのんびりお茶を楽しめるところも魅力ですよね


日カゲ茶屋の軽食&デザート


子供と一緒に行き、
いろいろ食べてきましたので
ご紹介します

五平餅 300円(税込)



日カゲ茶屋の名物は五平餅!
生姜・松の実・ごま・クルミの入った甘くて香ばしいお味噌です。



特徴は、炭火で焼くということ。
もちもち具合がかなりあるのも、日カゲ茶屋の五平餅の特徴です。

古民家オーナーさんは、五平餅マイスター(専門家)の資格もお持ちで、
五平餅のことを何でも教えてくれますよ

暑い日は囲炉裏が出ていないので、鉢で焼いてもらいました。
寒くなると囲炉裏で五平餅を焼くんですよ。


そうめん 600円(税込)

 

今年は流しそうめんもされていました。
我が家も行きたかったですが、タイミングが合わなくて残念。

でも、夏期メニューとして
お部屋でも流しそうめんを食べられたので
いただいてきました。

なぜこんなに違うんだろう?
自分で茹でるそうめんの10倍美味しかった


桃色吐息かき氷 1,000円(税込)



日カゲ茶屋さんのブーログやインスタでみて
ずっと気になっていた、
桃色吐息かき氷を注文してみました。


生クリームやマシュマロがトッピングされた、
ピンクで可愛らしいかき氷。

このピンクのシロップは自家製で、
なぜかアセロラのような爽やかな味がしました。
(作ったら狙ってないけどこういう味になったそうです)

ボリュームがあって美味しかった


焼きマシュマロ 600円(税込)



これはわたしが是非皆さんにオススメしたい1品です!



炭火でマシュマロを焼くと、
中がとろとろになって、
めちゃめちゃ美味しいの!



焼いたマシュマロをチョコビスケットにはさんで、
熱々とろとろの最高の状態でいただきます

これがむちゃくちゃ美味しい!

梅昆布茶で甘いのとしょっぱいのの組合せが
また美味しいです


スペースレンタルや民泊も可能


古民家を、スペースレンタルできるのも 
日カゲ茶屋の特徴の1つです。

よく聞くのは、コスプレーヤーの方々が
古民家で撮影のために使われているということなんですけど、

お誕生会に利用したり、
庭でBBQをしたり、
そんな使い方もOKだそうで
何でも相談してくださいとのことです


また、古民家の宿泊(民泊)は
The Ninja manshionという名前でされており、
日本・外国の方たちが
泊まれる家にもなっています。


最近は屋根裏部屋に
ベッドが設置されたみたいですよ

屋根裏部屋って子供の憧れですよね
豊田市内だけど 泊まりたいなって思います


日カゲ茶屋のブーログ
      インスタグラム



日カゲ茶屋


豊田市下佐切町日カゲ15

定休日 :火曜日、水曜日 

電話 :090-6801-0473

営業時間:11〜17時  


Posted by むー at 14:25豊田市カフェカフェ