2019年01月02日

明けましておめでとう!ばあちゃん(*^^*)

わたしはおばあちゃん子なので、
このブログはわたしの日記なので、
ばあちゃんのことをしょっちゅう書いてますが
すみません



今年も無事、
新年のごあいさつに行くことができました。

去年の今日は
ばあちゃんの体調がとても悪くて、
寝込んでいて心配したのですが、

今年は顔色のいい 元気な顔で
(ただし転んで顔半分がアザでムラサキに
ソファーに座っていて嬉しかったです

88歳米寿、
ここまでくると 来年のコンディションが
わからない歳なんですが、
来年も変わらず元気でいてほしいなぁ。
そう思うと、
今日1日はかけがえのない日だったなぁと思えます



実家で母と祖母(実の親子)が二人で暮らしているのですが、
祖母は認知症が入っていて
よく忘れるし、変わった行動をするし、
勝手に外に出ていってしまうので
(そして転ぶ

わたしの母は 基本的に温厚ですが、
毎日祖母と一緒にいると
ストレスがたまって キツいことを言います。
たまに行くわたしでも、胸が痛むくらい
「病気のせいなんだから、しょうがないじゃない。。」
と思うんだけど、チクチクチクチク

これは、毎日一緒にいる親子だから故のことなんですよね。
多分、他人ならグッと我慢して
認知症の世界に合わせることが出来るし、
たまにしか行かないわたしは、
時々だし 大目に見ることが出来る。
母は、病気になる前の祖母をよくわかっているし、
1番近い存在だから
我慢出来なくなるんですよね。
それはわかるので、黙って聞いています。


でも今日、ばあちゃんに
「お母さん、キツイこと言ってない?」って聞いてみました。

すると、
「ぜーんぜん。あのコは優しいもん。幸せ♡」
と、多分言われた言葉を毎回忘れてるのかなと思いました。
そこには救われます
そして、
「わたしは恵まれとるよ。ぜーんぶやってもらってるもん。ありがたや、ありがたや」って
手を合わせる仕草をします。
なんと可愛いおばあちゃん


最近、
「何だか頭が変でよー忘れる。何だかわからんようになる」
と ばあちゃんが
涙を拭う場面がたくさんあります。
それがすごく切なくて

本人は、何かがおかしいことを自覚していて、
情けなかったり 腑に落ちなかったりして
泣けちゃうんですよね。


だから、
少しでも 祖母の世界に
寄り添っていきたいなぁと思いました。
(でも、それをやると 祖母以外からは

わたしがおかしくなったと思われちゃいました)




アルツハイマー型認知症・水頭症・パーキンソン病の、脳の病3本立てで
なかなか前途多難ですが

みんなが幸せでいられるように
わたしが出来ることをサポート頑張ります  


 



   


Posted by むー at 22:48Comments(2)日記