2018年12月18日

感謝を込めて。。ごちそう家美人亭スペシャル!


先に言います

これからどんなお店になっていくのか、
楽しみでワクワクしています


でも、
この景色はもう見納めだから、

今日は、いつでもこのブログを見れば
美人亭さんを思い出せるように、

たくさん写真を撮ってきました



ありがとう の感謝を込めて



ここからは、
小田和正の【たしかなこと】をBGMにして
ご覧ください (笑)




初めて伺ったとき、
「わぁ!ここがあのブーログの美人亭さんかぁ!」
ってテンションあがったなぁ




金魚のいる玄関で、
一休さんや 美人さんたちが
元気に「いらっしゃいませ!」って
お迎えしてくれるんですよね。

会って3回目で、一休さんから
「むーちゃん」って初めて「ちゃん」付けで
呼んでもらえたんだよなぁ。

嬉しかったから、
今でもはっきり覚えています。




入ってすぐの通路。
右側で、皆さんが一生懸命
お料理を作られていたんですよね。




奥へ行くと、
このスペースに
幹事さん向けの宴会バイブル的な冊子が
置いてあって、

それが欲しくて 
もらって帰ったんだったよなぁ。




わたしはいつも、
大人数じゃなくて 
誰かと2人で来ることが多くて、

ほぼこの入ってすぐのお部屋にお邪魔した気がします。




美人亭さんといったら、
こういう「和」な雰囲気。




落ち着く雰囲気。




【箱入り娘 1,620円】

いつも彩りが本当にキレイで、
写真映えするんだよなぁ

映えるだけじゃなくて、
1つ1つ
丁寧に 繊細に 心を込めて

お料理を作っていただいていることが
よく伝わってきます。




わたしの大好物!
これ!
梅酢に漬けた、酢れんこん。 

酢れんこん、
一休さんの作る酢れんこんが
世界で一番美味しいの。

大好き!




サクサクの天ぷらに、
熱々の茶碗蒸し。

おかわりできるご飯に お吸い物。




最後にデザートも。

いーっぱい付いてて、
目もお腹もハートも毎回満足   




一期一会

感謝

美人亭さんがいつも言われていること。
そんな美人亭さんだったからこそ、
みんな行きたかったんだよなぁ。




帰りもまたここで、
一休さんや 美人さんたちが
正座してお見送りしてくれたんですよね。

きっともう
さよならの美人さんがいらっしゃるかもしれないから

わたしのこと、
覚えていただき ありがとうございました。



皆さん、ご存知かと思いますが、
載せておきますね。






次のステージは、【はちえん】

わたしは子供がまだ小さいから、
なかなか夜に外出が出来ないんだけど、

それでも 
「新店おめでとう!」って
行けたらいいなぁ。
いや、行きたいなぁ。




パワフルだけど、
繊細な店主さん。
ひょっこりはんやってくれた

櫻園さんといると、一瞬

一休さんが大人しい人に見えたのは気のせいか(笑)



美人亭さん、
お疲れさまでした!

そして、
これからも この縁が末永く
続いていきますように。

これからも
よろしくお願いします!




     


Posted by むー at 22:48Comments(12)豊田市ランチ

2018年12月18日

毎年恒例あれが始まる


冬名物。
今年もあれが始まっちゃいました。


足の指の霜焼け!
痒い(><)
毎年、10箇所くらいは出来るので、
まだ序の口なんですが(´∀`;)


最近急に手が乾燥してガサガサで、
唇も、リップだけでは追いつかない!
塗っても5分すればもう乾燥( ;∀;)
めちゃめちゃ乾燥してますね(><)








  
タグ :霜焼け


Posted by むー at 08:53Comments(0)日記