2018年04月05日

検査、頑張ったね!

昨日は疲れ果てて、実家にもう1泊させてもらいました。
すぐ寝てしまった


疲れ果てた原因は



こどもの検査に4時間半
先生が来なくてなかなか検査が始まらず

そして代わりの先生が来て、結局主治医は来なかった・・・



採血し、体の中に放射性薬剤を注入して
時間が経ち臓器に薬剤が集まったところで撮影をするという、
なかなか経験することのない検査。

薬剤が薬剤なため、
看護師さん、技師さん、先生2人、研修の先生の計5人の大人に小さなこども1人が囲まれて、
こどもの不安が一気に増大

そりゃそーだ、お母さんもあまりの多さに怯んだもん



採血と薬剤注入の時は、
わたしはその場にはいなくて外で待っていましたが、
さすがこども病院。
怖くないように皆さんがたくさん話しかけてくれて、
こどもがグズりはじめると、
先生自ら手品を披露してくれた模様
後でこどもにどんな手品だったか聞いたら、
10円玉4枚が3枚になっちゃった、って言ってました

先生も手品まで覚えて大変だな~

主治医だったら絶対手品なんて出なかったな 


そして母的には、
櫻井翔似の若い男性看護師さんに、
これまた若い窪塚洋介似の男性技師さんで目の保養になる (笑)


採血も、我が子は血管がわかりにくいそうで、
今回も安定の刺し直し
手の甲と手首の2ヶ所刺してありました。
大人でもそこは痛いのに、よく頑張ったね!!




薬剤注入から2時間弱ほど病院の中で待ち、
薬剤が臓器に集まったところを撮影。
これにはわたしもすぐ横で付き添いましたが、
CTやMRIに少し似た装置が体をグルグル回転し、
本人のギリギリまで迫ってきたりして
見てるだけでわたしも怖かった


こどもが40分間動いてはダメなので、
リラックスと退屈防止のため
頭上にある自分が好きなDVDを観ながら検査を受けられるんだけど、
迫ってくる装置とDVDを交互にチラチラ見てました。
あれはこどもには絶対怖いよね
装置には怖くないようにリスとか鳥とか絵本みたいな絵が描いてあるけど、
その効果が全く感じられないくらい迫力満点の装置でした



そんなこんなで結局4時間半も病院に
こどもはもちろん、わたしも疲れました



今日の頑張ったごほうび①


病院の自販機のいつもの (笑)



ごほうび②


イオン東浦でおもちゃを購入。
久々のイオンだったけど疲れすぎておもちゃ以外はゆっくり見られず




わたしは16時に遅いお昼ご飯。
フードコートのパルメナーラさんのカルボナーラ、
つるつるもちもちパスタでめちゃめちゃ美味しかった~



検査結果は後日聞きに行きます。
どんな検査でも、
結果待ちの間は嫌ですね

でもそうは言っていられないので、
子供が元気に過ごせるように、
命を守るために、
どんな結果も前向きに受け入れるよう努力します!  


Posted by むー at 06:37Comments(6)日記子育て